Body&Paint

高次元修理の追求

テュフラインランドジャパン最高位
「プラチナ」認証取得工場
ドイツ第三者機関による厳密な基準を達成した工場です。

 

車体の歪みを計測

  • 電子式3次元計測機
    緻密な測定が実現
    -Body measurement-

    自動運転、自動ブレーキに欠かせない、カメラ及びレーダーの高認識制度の為にもボディ骨格の捻じれや歪みは絶対に許されません。感覚や見た目での修理は推奨されません。

    鈑金塗装

    自動運転、自動ブレーキに欠かせない、カメラ及びレーダーの高認識制度の為にもボディ骨格の捻じれや歪みは絶対に許されません。感覚や見た目での修理は推奨されません。

  • 3次元マルチアライメント
    計測システム
    – SPANESI TOUCH 4.0 –

    障害物が邪魔でスケールでは測れなかった箇所も、SPANESI の Touch Portableでは簡単に、より正確に計測できるようになり、
    修正前と修正後の精密な数値をお客様に提示することにより信用を得られ、勘違い等によるトラブルを未然に防ぎます。

    鈑金塗装

    障害物が邪魔でスケールでは測れなかった箇所も、SPANESI の Touch Portableでは簡単に、より正確に計測できるようになり、
    修正前と修正後の精密な数値をお客様に提示することにより信用を得られ、勘違い等によるトラブルを未然に防ぎます。

車両CP内部を診断

  • OBD接続 外部診断機 – Computer Diagnose –

    目に見えない箇所の不具合も、車両搭載センサやCPにアクセスする事で初めてみえてきます。確実に状態を把握してから作業に移行します。

    鈑金塗装

    目に見えない箇所の不具合も、車両搭載センサやCPにアクセスする事で初めてみえてきます。確実に状態を把握してから作業に移行します。

  • マルチ外部診断機 – G-Scan3 –

    各ブランドにも、最新トップブランドの外部診断機を用意広くサポートしております。最終点検にも外部診断機は欠かせません。

    鈑金塗装

    各ブランドにも、最新トップブランドの外部診断機を用意広くサポートしております。最終点検にも外部診断機は欠かせません。

  • BMW専用機器 – ICOM Next –

    BMW及びBMW・MINIには専用端末を準備 より詳しい診断が可能です。

    鈑金塗装

    BMW及びBMW・MINIには専用端末を準備 より詳しい診断が可能です。

骨格を歪みを矯正

  • ジグ式フレーム修正機 – CAR-O-LINER Bench Rack –

    骨格の変形、歪みの修正は最重要ともいえます。正しい寸法に的確に戻す事は、真っ直ぐに走る上で、とても重要です。

    鈑金塗装

    骨格の変形、歪みの修正は最重要ともいえます。正しい寸法に的確に戻す事は、真っ直ぐに走る上で、とても重要です。

  • 真っ直ぐな修正機 – BR5500 –

    修正する機器が歪んでいては、適正な修正は成しえません。修正機の定盤は、常に適正に保たれています。

    鈑金塗装

    修正する機器が歪んでいては、適正な修正は成しえません。修正機の定盤は、常に適正に保たれています。

  • フレーム中心部から適正に – Measure Center –

    損傷部を疑うのは基本ですが、波及による損傷も考慮すべき点です、車両中心部が適正な数値であって、初めてそこを基準に周辺の数値は適切に保たれます。見た目だけの隙間合わせの修理は、自動運転などの計器類の誤作動に繋がります。

    鈑金塗装

    損傷部を疑うのは基本ですが、波及による損傷も考慮すべき点です、車両中心部が適正な数値であって、初めてそこを基準に周辺の数値は適切に保たれます。見た目だけの隙間合わせの修理は、自動運転などの計器類の誤作動に繋がります。

BODY REPAIR AREA

  • 部品専用ラック – Parts shelf –

    外した大きな部品、細かな部品、それぞれを保管するためのラックを用意、紛失や損傷等の不安はほぼないといえます。

    鈑金塗装

    外した大きな部品、細かな部品、それぞれを保管するためのラックを用意、紛失や損傷等の不安はほぼないといえます。

  • 不要なキズは付けない – No Eextra Damage –

    外した部品は適切に扱います。床や車内には置きません、柔らかくキズが付き難い、スポンジテーブル上で取り扱います。

    鈑金塗装

    外した部品は適切に扱います。床や車内には置きません、柔らかくキズが付き難い、スポンジテーブル上で取り扱います。

  • 専用工具 – Specialized Tool –

    金技術者はたとえ新素材であっても、メーカーの定める厳密なルールに基づき専用工具と適した材料を使いパネル修理を行います。

    鈑金塗装

    金技術者はたとえ新素材であっても、メーカーの定める厳密なルールに基づき専用工具と適した材料を使いパネル修理を行います。

PAINT REPAIR AREA

  • 全ボディーカラーに対応 – Compatible With All –

    水性塗料を採用しています。環境に優しい溶剤を使うため、密着性を高くし色落ちを抑えるためなど、その理由はいくつかあるのですが、一番は色の再現性を完璧にするためです。販売国や年式によってごくわずかに違う配合でつくられている車。ヨーロッパブランドBASF・RMカラーを揃えれば、すべてまかなえます。他の塗料でも似た色にすることはできるのですが、色あせてきたときに間違いなく差が生まれてしまいます。弊社では高品質な輸入水性塗料100%使用工場です。

    鈑金塗装

    水性塗料を採用しています。環境に優しい溶剤を使うため、密着性を高くし色落ちを抑えるためなど、その理由はいくつかあるのですが、一番は色の再現性を完璧にするためです。販売国や年式によってごくわずかに違う配合でつくられている車。ヨーロッパブランドBASF・RMカラーを揃えれば、すべてまかなえます。他の塗料でも似た色にすることはできるのですが、色あせてきたときに間違いなく差が生まれてしまいます。弊社では高品質な輸入水性塗料100%使用工場です。

  • 微妙な違いを見極める明るい空間 – Bright Space –

    ボディの色味やフォルムを正確に見るのに不可欠なのが、室内の明るさです。塗装に必要な明るさは、少なくとも800ルクスほど(=光に照らされた面の明るさを示す単位。800は一般的にスーパーの生鮮食料品売り場くらいと例えられる)。しかし認定鈑金工場の塗装エリアでは1,000を下回ることは認められていません。さらに弊社の場合は、LED照明と壁照明があるおかげで1,100もの数値が出ます。白い壁と床でまとめられている清潔な空間だからこそ、この明るさが確保できています。

    鈑金塗装

    ボディの色味やフォルムを正確に見るのに不可欠なのが、室内の明るさです。塗装に必要な明るさは、少なくとも800ルクスほど(=光に照らされた面の明るさを示す単位。800は一般的にスーパーの生鮮食料品売り場くらいと例えられる)。しかし認定鈑金工場の塗装エリアでは1,000を下回ることは認められていません。さらに弊社の場合は、LED照明と壁照明があるおかげで1,100もの数値が出ます。白い壁と床でまとめられている清潔な空間だからこそ、この明るさが確保できています。

  • 完璧に閉ざされた塗装用のブース – Closed Space –

    調色した塗料をボディに塗る作業は、埃がつかないよう、閉ざされた塗装ブースで行われます。専用のブースが3つあり、ライトが多数取り付けられているため、とてもクリーンで明るい環境になっています。弊社では2,400ルクスという驚異的な明るさを実現しております。

    鈑金塗装

    調色した塗料をボディに塗る作業は、埃がつかないよう、閉ざされた塗装ブースで行われます。専用のブースが3つあり、ライトが多数取り付けられているため、とてもクリーンで明るい環境になっています。弊社では2,400ルクスという驚異的な明るさを実現しております。

BMW・MINIのオリジナル水性塗装に適合した
純正補修用水性塗料「カラーシステム」

「カラーシステム」は、BMW Groupの工場で塗装されたオリジナル水性塗装を補修する水性塗料であるだけでなく、塗装ショップにおける最適な塗装作業や品質を実現するため、BMW Group独自のサポートシステムを付加した、下記のような完璧なソリューションを提供致します。

製品の特徴

・ベースコートで有機溶剤成分が90%削減され、もっとも厳しいEU規制に適合し環境に優しい先進的な補修用水性塗料

・欧州市場や、BMW Group Japanの新車整備センターで長年に渡って使用され、定評のある補修用水性塗料

・塗料の密着性が優れているため、使用量を節約でき、また全塗装工程における作業効率が高い経済的な補修用水性塗料

 

BMW Group独自のサポートシステム

・カラーシステム導入時における技術サポートの提供

・技術情報・資料や、トレーニングの定期的な提供

・塗装専門家によるホットライン、トラブルショーティング、定期訪問等の現場サポート

・カラーシステム導入時に、カラーシステムオリジナルの塗料攪拌システム、コンピューター計量システムの無償提供

 

自動車補修用塗料には有機溶剤(いわゆるシンナー)が使用され、その成分には人体や環境に悪影響を及ぼすVOC(揮発性有機化合物:Volatile OrganicCompounds)が多く含まれます。日本においてもVOC規制=改正大気汚染防止法が2006年4月1日に施行されましたが、大規模塗装施設のみが規制対象とされ、ほとんどの自動車補修塗装工場は対象から外れています。しかし、BMW Group Japanでは、BMW Groupによる欧州における補修用水性塗料の導入実績をもとに、VOC排出量を90%削減できる「カラーシステム」を日本市場にも導入し、ディーラー従業員および周辺環境への負荷低減を自主的に推進しています。

 

 

約12,000色のカラー・マスターカードで、 愛車のカラーを忠実に再現します。

約12,000色のカラー・マスターカードで、 愛車のカラーを忠実に再現します。

BMWのトレーニングを修了したプロフェッショナルが 高品質な仕上がりを約束します。

BMWのトレーニングを修了したプロフェッショナルが 高品質な仕上がりを約束します。

Perfect Service

当動車の構造や電気系統の仕組みといった基本的なことに関する座学から、車両を用いた実践訓練まで様々です。 鈑金、塗装についても無論。ボディの素材に関する知識や正しい取り扱い、技術資料に沿った適切な修理プロセスの判断と実施、専用塗料による調色の知識とスキルなどを習得するためのトレーニングプログラムをスタッフに提供しており、認定鈑金塗装工場の技術者はトレーニングの受講が義務付けられています。現場で扱う車種は実際に対面するまでわかりません。故に技術者は、事前に勉強をし、すべての対処法を学んでおく必要があります。特に近年ではEV(電気自動車)、PHEV(プラグインハイブリッド自動車)、HV(ハイブリッド自動車)といった、高電圧装置を搭載した車両については危険を伴うため、鈑金、塗装技術以外でもトレーニングを受け試験に通過しない限り、これら車両の内部に触れることすらできなくなってきています。クルマと同じようにスタッフも大切に育成することで、完璧な修理は保たれています。

 

BOSCH認定
ADAS
エキスパートショップ

  • 鈑金塗装
  • 鈑金塗装
  • 鈑金塗装
  • 鈑金塗装

輸入車・国産車 問わず幅広くサポートできます 単眼・複眼カメラやミリ波レーダーの
エーミングはお任せ下さい

・先進運転支援システム(ADAS/エーダス)の普及に伴い、進化する車両整備制度
・正確な「ゼロポジション」※3を認識させるADASのエーミング(再調整)作業は精度が重要
・確かな品質のADASエーミング作業を実現する「ボッシュ ADASエキスパートサービスショップ」
・認定ロゴ掲載の整備工場なら、安心のADAS搭載車両対応

 

東京ーボッシュ株式会社 (代表取締役社長:クラウス・メーダー 以下 ボッシュ)はこのたび、近年90%以上※4の新車に搭載されているカメラやレーダーなど、先進運転支援システムの再調整作業(以下、「ADASエーミング作業」)に優れた整備工場を認定する「ボッシュ ADASエキスパート サービスショップ」認定制度を開始します。

 

整備工場向けには9月1日より加盟募集を開始し、「ボッシュADASエキスパート認定研修」を受講したうえで作業環境審査を通った整備工場を「ボッシュ ADASエキスパートサービスショップ」と認定し、認定ロゴを提供します。これにより、今後さらに増加するADAS搭載車両のオーナーが、新しく車両整備に必須となったADASエーミング作業を提供する整備工場を判別し、安心して適切な整備を受ける事ができるようになります。

 

昨今は90%以上※4の新車に、自動ブレーキや、レーンキープアシストなどをはじめとするADASが搭載され、今後もさらに普及が進むと予測されます。この車両の変化に伴い、新たに自動車整備制度の対応も進んでいます。2020年4月には、従来の車の基本動作である「走る、曲がる、止まる」に必要な装置の取り外しを伴う整備である「分解整備」に、このADASに代表される、車の「制御する」機能を整備する「電子制御装置整備」が加わり、新しく「自動車特定整備制度」が施行されました。

 

この新たな自動車整備制度で対象となるのが、特定の整備や修理の後、ADASのカメラやレーダーなどの「ゼロポジション」をシステムに正確に認識させるADASエーミング作業です。ADASは単眼・複眼カメラやミリ波レーダーなどが検知した情報をもとに作動しているため、システムがこれら正確な「ゼロポジション」を認識していない場合はシステムの停止、さらには予期せぬ事故につながる可能性があると言われています※5。そのためADASエーミング作業の精度は非常に重要です。また、ADASのセンサー類はバンパーやフロントグリル、フロントガラスなど少しの衝突でも影響を受ける車の外装近くに搭載されているため、これらの箇所の脱着を含む修理・整備を行う頻度は高く、同時に必要となるADASエーミング作業の頻度も自ずと高くなります。しかし、ADASエーミング作業を対象とする「自動車特定整備制度」は施行されて間もないため、この作業の必要性や作業精度の重要性に関して、多くの自動車オーナーに浸透していない状況と言えます。また、ADAS搭載車両のオーナーがコンビニエンスストアよりも多い約10万件※6ある自動車整備工場の中からADASエーミング作業の品質までを判断して依頼することは難しい状況です。

 

この状況に対して、世界トップクラスの自動車システムサプライヤーとして国内外の次世代自動車開発にも携わるボッシュは、業界初※1、「ボッシュ ADASエキスパートサービスショップ」認定制度を開始します。認定ロゴの掲示は、信頼のある精度の高いADASエーミング工場である証明となるため、今後さらに増えるADAS搭載車両のオーナーが、安心して正確なADASエーミング作業を実施する整備工場を選択することが出来るようになります。また、整備工場は加盟後、ボッシュの最新のトレーニング、ツール、情報を受ける事ができるため、将来の自動車技術の進化にも対応できる優れたサービスをお客様に提供する事が出来ます。また、ボッシュによる定期的な監査により常に高い整備品質が保たれます。更に、ADASエーミング作業のエビデンスを電子カルテとしてクラウド上に保管するため、作業内容に関しての透明性を保つことができます。

 

ボッシュは、「ADASエキスパートサービスショップ」認定制度の開始により、先進運転支援システム(ADAS)の普及に伴い大きく変化する車両整備の現場を最先端のサービスソリューションでサポートします。

お問い合わせ・お見積り

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

休業日

2024年 7月
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3

休業日